受けられるサービス

武蔵村山商工会では武蔵村山地域企業様を中心に、商工会をはじめとする東京都など行政の支援・サポート活動を行っています。

経営の相談をしたい

経営の相談をしたい
店舗における商品の陣列・構成・回収などの診断、作業効率や生産性を高めるための経営分析・改善指導を受けたいときに、経営指導員が巡回して相談に応じます。
また、補助金や販売促進のためのイベント企画等のアドバイスも同時に行っています。

詳しく見る
 
 


融資の相談をしたい

融資の相談をしたい
日本政策金融公庫、都の制度融資など有利な融資について斡旋相談をします。
また、一定の条件により無担保・無保証人で融資がうけられる商工会のマルケイ融資や、信用金庫等の商工会メンバーズローンも斡旋できます。

詳しく見る
 
 


記帳・決済の相談をしたい

記帳、決済の相談をしたい
記帳相談・決算相談を無料で受けられます。
消費税の申告相談及び各種控除、節税の方法から、青色申告制度の概要・手続きなど、なんでもご相談ください。

詳しく見る
 
 


労務の相談をしたい

労務の相談をしたい
各商工会に事務組合があり雇用保険(失業等給付)、労災保険、各種給付制度に関する仕組みや手続きなどの相談を行っています。
また、従業員の給与や保険のことなどさまざまなアドバイスを受けることが出来ます。

詳しく見る
 
 


各種共済

(リンクのある共済等については、東京都商工会連合会や取扱機関の詳細な説明のあるページにリンクしています)
商工貯蓄共済
貯蓄・融資・保障の3つの充実
会員福祉共済
月々2,000円で国内外24時間の充実した入通院補償
小規模企業共済
事業主のための国の退職金制度
中小企業倒産防止共済
取引先がもしものときに備えて
中小企業退職金共済
中小企業でも従業員に退職金を
特定退職金共済
商工会員企業のための従業員退職金制度を
商工会の休業補償制度
病気やケガで働けなくなったときに
ビジネス総合保険制度
PL、リコールによる賠償責任に加え、施設、業務遂行、管理財物に対する賠償責任もラインナップ


その他

【GS1事業者コード(2012年4月より、JANコードが名称変更:国際基準に対応のため)】

JAN(Japanese Article Number)コードは、わが国の共通商品コードとして流通情報システムの重要な基盤となっています。JANコードはバーコードとして商品などに表示され、POSシステムをはじめ、受発注システム、棚卸、在庫管理システムなどに利用されており、さらに公共料金等の支払システムへの利用など利用分野の拡大がみられます。

JANコードには、標準タイプ(13桁)と短縮タイプ(8桁)の2つの種類があります。さらに、標準タイプには、最初の9桁がGS1事業者コード(JAN企業コード)となっているものと、7桁がGS1事業者コード(JAN企業コード)となっているものに分けられます。⇒ システム全体イメージ、付番・桁取りの考え方、番号管理方法など、詳細は一般財団法人流通システム開発センター(03-5414-8511)までお問い合わせください。

2015年10月1日(木)より、新規申請手続きにおいて、インターネットによる申請が導入されます。
一般財団法人流通システム開発センターのホームページから申請可能です。

【検定事業】
・商工会では、商工業の振興に資するために販売士簿記等の各種検定事業を実施しております。

【具申建議】
・商工会としての意見を公表し、これを国会・行政庁に具申建議をします。

【その他】
・商工会員の皆様へ商工会カード(クレジットカード)をご利用ください。